小さなお店・個人事業主でも効果的にインターネット集客を取り入れて売上を伸ばすアイデア集

0748-60-8416 営業時間:10:00-18:00 土日祝定休

“客単価”を上げる方法4パターン

「もっと売上を伸ばしたい」
「薄利多売から抜け出したい」
「とはいえ値上げは難しい」

という方は他におられませんか?

「値段の安さ」だけを強みにビジネスを続けると、やがて限界が来るのは明らかです。

この記事では、
『値上げしなくても“客単価を上げて売上を伸ばす”方法』について解説しています。

※値上げをして売上を伸ばしたい方は、
心理学を駆使して“商品単価”を5倍アップに成功した7つの方法をご覧ください。

客単価を上げる方法4パターン

1.クロスセル

某大手Mドナルドで、
「一緒にポテトはいかがですか?」
という言葉を聞いたことはありませんか?

ネットショッピングのサイトで、
「こちら商品も買われています」
というメッセージを見かけたことはありませんか?

商品の価格はそのままに、
関連商品も一緒に販売することで、
1回あたりの購入単価を上げる方法、

それがクロスセルです。

2.アップセルを行う

10万円のパソコンを買おうとしているお客様に、
より大容量のモデルを提案し、15万円のパソコンを買ってもらう。

1万円の靴を買いに来たお客様に、
本革製のほうオススメし、
3万円の靴を買ってもらう。

このように、
より高級な商品を販売することで、
客単価を上げる方法、

それがアップセルです。

この場合も、
商品自体の値上げはしていません。

3.パッケージセル

電化製品でいうと、
豪華3点セット=「パソコン」「デジカメ」「プリンター」

レストランでいうと、
ステーキセット=「ステーキ」「ライス」「スープ」「サラダ」

というように、
一緒に買われる商品をセットにして販売する方法、

それが、パッケージセルです。

 

ただし、要らない商品が含まれていると逆効果です。

  • 不要な商品が含まれていないこと
  • 全て揃うと何ができるのか伝えること
  • 一緒に買うことでお得感があること

こ3つが大切です。

見込み客が求めているのは何なのか、
リサーチすることが成功のコツです。

4.ダウンセル

「買いたいけど予算がない」
というお客様に、より低価格帯の商品を買ってもらうのがダウンセルです。

電気屋の場合、
「少し前のモデルなら、予算内で買っていただけます」
というように、

希望の商品と予算が合わない時に、よく使います。

 

せっかくお問合せいただいた方に、
何も買わずに変えられることを防ぐことで、
あなたのファンになったり、次の購入機会にもつながります。

使えるものは全部使うこと

小さな会社の経営者、個人事業主の方で、
この4つの方法をすべて導入している方は、
それほど多くありません。

  • 高級商品づくり
  • 低価格商品づくり
  • 関連商品づくり

これらには、
リサーチや聞き込み調査などの手間もかかりますが、

売上を伸ばすためには確実性がある方法なので、
プロやコンサルタントに依頼してでも、
ぜひ取り組んで欲しいところです。

 

インターネット集客の専門家
木村太一

 

 

あなたにとっての
1)「もっと知りたい」
2)「こんなことで悩んでいる」
3)「◯◯についてアドバイスがほしい」を教えていただけませんか?

あなたのビジネスに、より役立つ記事を書いていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

木村 太一

ブログで売上を伸ばす『インターネット集客の専門家』木村太一。京都を中心に、コーチ・コンサルタント、小さな会社の経営者、個人事業主に対して、『見込み客を集める“集客型ブログ”づくり』『売込み一切ナシで商品が売れる仕組みづくり』をサポート。あなたの状況に合ったプランの提案や、代行サービスをいたします。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。