ホームページを活用し売上を長期安定的に伸ばす方法とアイデア集。自分の事業や目標に合ったホームページが売上につながります。ネット集客・コンセプト・セールス・販売促進など、売上を伸ばすためのヒントを随時更新中!

0748-60-8416 営業時間:10:00-18:00 土日祝定休

単価を上げたい・・・!そんなときに見直してほしいこと

「単価を上げたいが、
相場を気にしてしまいなかなか上げられない」

「単価を上げることに抵抗がある」

先日、このような悩みを抱えた方にお会いしました。

今の価格だと利益が少なく思うようにビジネスが育たないそうです。

そんなとき、
新しいサービスを追加したり、
販売数を増やすことを行う前に、
見直してほしいことがあります。

 

それは、
商品・サービスの組み立て方です。

 

今までにも、
同じ商品・サービスでも組み立て方を少しだけ変えるだけで、
商品単価を大幅に上げられた方もおられました。

また、いろいろな方のサービスを見ている
ここをこういうふうに変えたら、新しいサービスを追加しなくても単価が上がるのに・・・
と思うことも多々あります。

新しいサービスを追加する前に・・・

単価を上げられない原因として、
単価 = サービスの量
という思い込みがありませんか?

単価=提供できる“価値”の量

お客様が価値を感じるのは、
サービスの量ではなく、
どれだけの悩みを解決してくれるか?ではないでしょうか?

つまりこういうことです。

単価 = 提供できる価値の量

この考え方に変えるだけで、
見違えるようにサービスが生まれ変わった方もおられました。

 

単価が上げられないのは、
メンタルではなくスキルの問題だったというケースもあります。

同じサービスのまま提供できる価値は他にないか?

例として、
パソコン教室が提供している価値は、

「パソコンの使い方がわかること」

だけでしょうか?

実はそれだけではありません。

  • 苦手だったパソコンに自信が持てるようになること
  • 分からないことが出てきても教えてくれる人がいる環境
  • 分からない人に教えてあげられる喜び
  • 息子にパソコンのことを聞いて怒られることがなくなる
  • 行ったことのない土地の生き物探しができる(相手に合わせて)

など、1つのサービスで複数の価値を提供できるのではないでしょうか?

 

考えてみてください。
さて、あなたの商品・サービスは、
お客様のどんな悩みを解決するものですか?

 

・・・

 

・・・

 

提供している価値は、
本当にそれだけでしょうか?

お客様になりきって考えるともっとたくさん出てきそうですね。

このプロセスを何回も繰り返していくと、
あなたの商品が見違えるように魅力的になり、
単価を上げても違和感を感じなくなります。

価値が伝われば商品を買いたくなる

単価はどうしても上げられない、と
新規集客にチカラを入れる方も少なくありません。

しかし、
利益率が低いまま販売数だけが増えたとしたら・・・
売上は上がっても利益は出るのでしょうか?

新しいスキルを学び、
将来への自己投資をする余裕はあるでしょうか?

 

  1. しっかりと利益を得られる単価に設定すること、
  2. 単価に見合う価値をリストアップすること

 

この2つをしっかりと設計した上で、
販促に取り組んでください。

より大きな成果が得られます。

 

インターネット集客の専門家
木村太一

 

 

P.S.

あなたにとっての
1)「もっと知りたい」
2)「こんなことで悩んでいる」
3)「◯◯についてアドバイスがほしい」を教えていただけませんか?

あなたのビジネスに、より役立つ記事にしていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

木村 太一

『インターネット集客の専門家』木村太一。関西を中心に、企業や事業主様の長期安定的な売上アップのお手伝いをします。クライアントには丁寧に向き合い、それぞれの目標にあった集客代行や販売促進、ホームページ制作を行います。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。