小さなお店・会社の売上アップならインターネット集客専門のユーズアイへ!

0748-60-8416 営業時間:10:00-18:00 土日祝定休

ブログ記事に何を書いたらよいのか?

ブログに何を書いたらよいか分からない。
という方に向けて、ブログに書くべき内容についてお伝えします。

 

『集客するためにはブログを投稿しましょう』と、よく言われますが、
ホームページに合った書き方をしなければ集客にはつながりません。

 

そもそもホームページにあるブログは
ほぼGoogle検索から人が集まってきますよね?

 

つまり『なぜGoogle検索をするのか?』
という“目的”を理解した上で記事を書いていく必要があります。

 

ブログ投稿を続けている方、
これからブログ投稿を始められる方は、
あなたのもとに良い結果が返ってくるためにも、ぜひ最後までお読みください。

なぜ、検索をするのか?

あなたが今までGoogle検索をされたとき、どんな目的をお持ちだったでしょうか?

おそらく『分からないことを調べたかったから』ではないでしょうか?

 

あなただけでなく多くの人が『悩みを解決してくれる記事』を探してGoogle検索をされています。

検索する人の“目的”を考える

大切なのは、
あなたの潜在顧客が、どんな悩みを持ってGoogle検索を使うのか?を考え、
その悩みを解決する記事を書くことです。

 

考えてみてください。

あなたの商品・サービスを欲しがっているお客様(潜在顧客)は、
どんな悩みを持っておられるでしょうか?

 

例えば
『滋賀で新築の家がほしい』と
考えている方がいたとしましょう。

どんなキーワードでGoogle検索されると思われますか?

 

実際に、このようなキーワードが多く検索されています。
『新築 滋賀』
『新築 滋賀 相場』
『新築 メリットとデメリット』

 

新築物件を考えている方にとって、
費用・期間について気になりますし、
どんなデメリットがあるかも気になりますよね。

悩みを解決することで信頼を得る

そんな時、
ある建築会社のホームページに、
自分の知りたい情報が分かりやすく、
メリットだけでなくデメリットについても
包み隠さず書かれてたなら、いかがでしょうか?

 

訪問者は、
知りたいことを教えてくれた会社を“信頼”するようになり、
お問い合わせという“行動”を起こしてくれやすくなります。

 

まずは『潜在顧客の悩みごとを1記事で1解決』を目指しましょう。

立派なブログ記事を書く方法

ホームページを訪れた人の悩みを解決し、
信頼してもらえる記事を書くのは簡単なことではありません。

筋トレと同じように、地道な積み重ねが必要です。

 

とはいえ心配はいりません。

あなたが日本語を話せるようになった理由

あなたがなぜ日本語を話せるようになったのか、を考えると分かりやすいです。

 

それはたくさんの文法を勉強したからではなく、
日本語をたくさん聞いて、たくさん話そうとしたからではないでしょうか?

 

ブログを書くことも同じです。

読んだ人が信頼してくれるような上手な文章を、誰しも最初は書けないものです。

 

しかし『上手く書けるようになってからブログやります』では、永遠に上手くなりません。

 

そこで、ホームページに50記事ほど“まずは投稿”してから、
過去に書いた記事をリライト(書き直し)する方法がオススメです。

 

きれいな文章を書けないまま公開したとしても、大した問題はありません。

上手くいっている他社も初めは初心者

どうしても不安なら、他の会社のホームページを見て回り、
最初どんな記事を書いていたかご覧になられるとよいです。

 

立派な記事を書かれている方でも、
『初めの記事はクオリティが低い』ことを確認されてください。

 

文字数は少なくとも800文字~、
理想は2000文字~4000文字ですが、
最初は800文字より少なくても問題ありません。

少しずつ書けるようになれば良いのです。

 

大切なのは、
100記事も投稿した後どうなっているかをイメージすることです。

 

売れるポイントを押さえて作られたホームページであれば、
100記事も書けばアクセス数は高く安定するようになり、
集客率や売上もきっと今より安定していることでしょう。

 

毎月の売上の変動に悩まされない、
今後の集客に不安を抱えなくてもよくなることを目指して、
コツコツと取り組んでいただきたいものです。

ホームページに合ったブログ記事の書き方

インターネットの世界には、さまざまなサービスがあります。

代表的なものがこちらです。

  • Twitter
  • Facebook
  • アメブロ(Amebaブログ)
  • ホームページ

ただし、注意するべきこととして、これらのサービスにはそれぞれ違う文化があり、その文化に合わせた“書き方”をするということです。

サービスごとの“文化の違い”を理解する

Twitter

Twitterは匿名で、気軽に短い投稿ができるため、ネガティブな意見や批判が多い。

例えば、最近の体罰問題などは盛り上がりやすい。

Facebook

ポジティブな投稿、キラキラした投稿で盛り上がりやすい。

食事・旅行・仕事などの報告、セミナー・イベントの告知が多い。

アメブロ(Amebaブログ)

個人事業主の商品・サービスの紹介が多い。

やや話し言葉で書かれた親しみやすい記事、すでに知っている人に向けた記事が多く、身内以外には分かりにくい。

ペタなど、SNSの要素もある。

ホームページ

Google検索から訪れる人を意識した記事が多い。

1記事あたりの情報量は多く、見出しを活用しながら、論理的に書かれている。

訪問者の悩みを解決する問題解決型。

ホームページのブログ記事は“問題解決型”がおすすめ

ホームページに書くブログ記事は、訪問者が抱えている悩みを解決することを目的にしましょう。

 

ただし、ここで売り込みはしないようにしましょう。

あなたも経験があるかも知れませんが、
悩みを解決してくれたとはいえ、すかさず売り込みをされたら誰しも嫌な気分になります。

 

対面営業と同じように、
嬉しい気分、良い気分になってもらってこそ、
次のステップ(お問い合わせ、資料請求、初来店など)に進んでくれるものです。

 

売上につなげるためにまずは自分から提供することを意識して、ブログ投稿を続けてみてください。

必ず良い変化が現れます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

お悩み・お困りごとはありませんか?

ホームページを使った新規集客、売上を長期的に伸ばしたいとお考えの方に、メール相談を無料で受け付けております。

あなたが今『上手くいっていない』と思うことをメールでお知らせいただければ、お悩みを解決するための改善提案・アドバイスをさせていただきます。

無料でメールで相談する

※1~2営業日以内に返信いたします。