ホームページを活用し売上を長期安定的に伸ばす方法とアイデア集。自分の事業や目標に合ったホームページが売上につながります。ネット集客・コンセプト・セールス・販売促進など、売上を伸ばすためのヒントを随時更新中!

0748-60-8416 営業時間:10:00-18:00 土日祝定休

広告を出すときに失敗しない!着実に結果につなげる広告の出し方とは?

広告の反応率を上げて
着実に成果につなげる方法があります。

 

『広告を出そう』と意気込み、
多くの人がやってしまう失敗の一つが最初から高い広告費を掛けてしまうことです。

 

最初は小さくスタートして、
テストと修正を繰り返すことが大切です。

 

どれだけ真剣に作った広告でも、
見た人が反応するかどうかが全てです。

広告で失敗しないための鉄則

最初から大反響をとることは、プロでさえ至難の業です。

1.最初は小さく始める

まず、
いくつか広告のパターンを作ってみて、
上手く行かなかったら修正することが大切です。

 

机上でいくら考えていても、
出してみなければ分かりません。

何回も失敗することを前提に、
赤字を最低限に押さえられるよう少額から始めるのが鉄則です。

 

2.広告の反応を調べる

広告を出した後は、
どれだけ反応があったのか、データを調べてみてください。

 

いくつものパターンを作っていると、
特定の広告で、高い反応が取れることがあります。

 

ウェブ広告なら、どの広告が最もクリックされたのか、
アクセスを眺めてみましょう。

クリックされる広告の特徴が分かるようになります。

 

このステップを繰り返すことで、
100%とは言わずとも、だんだんと利益が出るようになります。

そこで得たデータや売れる広告の知識・経験が、
あなたのビジネスをずっと支えてくれる資産となります。

調査して効果が出た広告パターンを採用

最初から大きく広げると、
赤字が膨れ上がります。

最初は、反応を調査することが目的にしてください。

1発で上手く行くことはプロでも難しいので、
どの案件でもテスト展開をするものです。

 

そうすると、上手く行かなったときのショックも
小さくて済みますよね。

着実な方法こそ最短ルート

いつも言っていることですが、
簡単に、楽に結果がでる方法は存在しません。

しかし『着実な方法』はあります。

 

小さく試して修正しながら、
満足いく反応が得られれば、だんだん大きくする。

という考え方で取り組むことが、
着実かつ、最短ルートになります。

The following two tabs change content below.

木村 太一

ブログで売上を伸ばす『インターネット集客の専門家』木村太一。京都を中心に、営業マンのいない小さな会社経営者、個人事業主に対して『見込み客が集まる“集客型ブログ”づくり』『売込み一切ナシでも売れる仕組みづくり』をサポート。あなたの状況に合った販売促進プランの提案や、代行サービスをいたします。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。